とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

文章をかけるようになるには

学びを生きがいとし、本をよく読み、心のかたむく対象あらゆることに、理解を深めていく。いっぱい感動して、たくさんの謎を抱えながら、答えのない世界に翻弄される。とても楽しい。

続きを読む

一目見てびびっとする本は、たいてい大当たり

仕事終わりに、大きな本屋さんにいってまいりました。おととい、図書館と、近くの本屋にいくも、なかった本を探します。ここになければ、もうインターネットしかありません、背水の陣、しかあし、わたしの求める本は、ありませんでした。無念。

 

できれば、実際に手にとって、本の大きさとか、表紙カバーのイラストとか、最初の数ページとかを、ちらちらっと眺めたいものです。

それさえすれば、この本を読むべきかどうかがなんとなくわかるからです。難しいことを吟味しているわけではございません、ほんとうになんとなくです。頭で判断しては、いままでの経験上、無理が生じます。とちゅうで読めなくなってしまいます。ですから、頭ではなく、ええと、あれです、「考えるな、感じろ」。

そうやってみてあげて、なんとなく惹かれる、なんとなく惹かれない、そのどちらかが明らかになるのです。

続きを読む