読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりえかんざし

お休み中です

今日はだらしない更新をして寝てもよし

今日はなにもしないで寝ましょう かくことも読むことも思うこともやめて 一生懸命寝ます 眠ることは休むこと それだけが意味でそれ以上を望んではいけません、ごめんなさい 何度寝てもいくら寝ても知らない明日がやってくることはないのです 変化がなければ…

上手にさよならしましょうね

贅沢をして具合が悪いのと単純に寝不足とか空腹で具合が悪いのとでは、わたしは絶対に後者のほうが、どちらかと言えば気分がいいのです ただ転んで怪我をして擦り切れたところが痛いのは笑い話になるかわいい勲章ですが、 理由はどうあれ人に怒鳴ってしまっ…

小さなしあわせ

いつもの調子で「うわー、起きなきゃ!!!」って自分に鞭打とうとする間際、ああそういえば、きょう日曜日でした、って事実にたどりつき、落ち着きが再びUターンして戻ってきてくれて、「なにをして過ごそうかな」っていう頭に切り替わって、そのときです、…

寒いってなんだろう

暑いと寒いは同じじゃない 味覚で言う、「辛い」が痛覚を通して感じるもののように、「寒い」っていうのは、どこか特殊なところで感じる特別なものなのかもしれない どうしてあなたは「寒い」を「幸せ」に変換できるのだろうか 「寒い」は「可哀相」だから?…

はてなを毎日更新して一年がたちました

知りたいことはお茶碗の縁の向こう側溢れ出してしまった忘却の先に眠ってる記さないと辿り着けない同じことをなんどもなんども繰り返し繰り返し忘れないように好きな場所で好きな音を聴き好きなにおいの中で好きな人を思い浮かべながら大好きな筆記具を指先…

望みのためのホウシュツと睡眠

赤ん坊の泣き声響く階段でわたしだけが抱っこしてやれないもどかしさ近づく親の足音を聞いてほっとしてやっと思考が通常運転をはじめる 俺がいるところで笑うなと独り言を放つ父親そばを通りかかったわたしは背筋がぞわぞわーっとしてエプロンの裾に集めてい…

いつの間にか楽しい歌になっている

絵は見なくても描かなくても実は平気で 無意識的にですが、それを認めるのが恐くて無心で定期的に描くこともあったのかも(それでもはてなを始めたときみたいに半年くらい描かないとそわそわしますけれども) こんなこと言っちゃうと誤解、生みそうですが、…

役に立たないこといっぱい書けるよ

うれしい 底に穴が開いた器もしくはすぐに溢れてしまう小さな器 欠陥品に見えるけどそうじゃなかったよ なにをしても満たされないこの身体が心が今は有り難くってしょうがなくて もう わたしじゃなきゃいやだよ *** 世界が変わるくるくると変わる一周して…

母が似合うものはわたしにも似合う法則

母がへんてこりんな格好してたらそれはわたしにとってもへんてこりんになる可能性があるぞ *** (※はじめに、無知をお許しください) 最近鏡を見ながら "ごちゃごちゃ感" を感じたのはきっと、「重ね着のし過ぎ」で、基本的にレイヤーはシンプルに二つま…

「あなたにオススメの本40冊はこちらです」

みる度に変わるそういう魔法の本棚のようなものが寝室のベッドの脇に欲しいな 今日見た夢の中では、入院しているわたしの病室に、それがあって、朝起きると看護士さんが、棚にどさっと追加してくれていました ついでにマグカップにほうじ茶を淹れてください…

傘のお手入れ

今日はいいお天気 視界の端に何かが映る とあるお家の門からちらっと見えた 玄関先に傘が干してある 水玉模様の傘と紺色の傘 湿っぽいにおいのする木陰の下で わたしの知らない文化がそこにはありました 傘が静かにひらいてて そういえば昨日は雨ふりだった…

忘れっぽい頭とどう付き合っていけばいいのか

昨日まで歩いていた地図をなくして また真っ白なページに その端っこに立っている自分 振り出しではないのに また方位磁石がどこを指すのか 立ち止まって見つめつづけるの? 今日また生まれ変わって 昨日のわたしはもういない はっきりとした情熱も引き継ぐ…

新しい本を二冊、付箋紙と一緒に

窓辺で本を読んで手が冷たい暖かい息を送ってほっとして幸せを感ずる静かに心に入り込んで希望を見つけます心地よくどきどきさせて生きたくさせますいつかわたしが枯れる時まで やかましいわたしは醜くて美しくない 過ぎたおしゃべり悪い癖にブレーキを静か…

おやすみなさいログ

右手に持った歯ブラシを動かしながら ぼーっとしてて どの辺まで磨いたか忘れて また端っこから始めて やっとのことでおわったら 洗面台までのそのそと歩いて それからお湯で口をゆすいで部屋に戻る 「あなたの部屋寒くない?風邪引くよ?」って親の言われる…

あと1カ月

無理して花を咲かそうなんて思わなくたっていいから 根っこを伸ばして、伸ばして その僅かな変化を 誰じゃなくわたしがわかってあげて 小さく隠れてでも喜ぶことをして あと1カ月 無理して花を咲かそうなんて思わなくていい 特殊な環境では やれることをで…

何に感動してきたのか、何をこれからしていくのか

今日も、絵は無しです。えー。 最近ちゃんと描けてない罪悪感のモヤモヤは、気のせいということで、今はほうっておかせてください…!そりゃあ、描いてた方が楽しいし、(描き方を忘れないという意味で)ためになるけど、今は、思考して、頭の整理もしながら…

頭の使い方訓練案(仮)

自分(伝えたいこと?)を8割捨てた絵を描けるようになりたいです 前回の日記で、うまく言えないなりに絞り出した言葉。 つまり、どういうことか。。。 正直このままでは、いつかわたし自身もわからなくなって風化しそうな気がするのであはは、どういうこと…

「二周目は基本」と肝に命じておくことにした

断られたらもう一度お願いしなさい 告白は二回すること。 パン粉は二度まぶせ。 一人暮らししたいと二回言え。 好きだともう一度叫べ。 *** はてなで「とりえかんざし」を始めたのが、去年の11月23日。 もうすぐ1年が経ちます。 (初日から物騒なこ…

遠い憧れ

たくさん寝ても欠伸がでてしまう寝不足を、さらにたくさん寝ることで、これを見事断ち切り、ついのついでに頭の中もクリアに、、、とまではいかず、未だに変なことばかりが頭を占領して、目の前の一切が入ってこない、サランラップの芯を両目につけて世界を…

夢の中でもわたしは 図書館のようなところをさまよって どうしてって思ったところはぜんぶ口にして 性善説とは反する人の行いを目の当たりにしながらも そこに何も知らない子どもがいるからなのか それでもお節介やいて 人に頼ることをせずに がむしゃらにで…

調律

最近のわたしは、「いかに頭の中を静かにするか」が勝負の分かれ目。一見、考え方の問題と思いきや(実際比重は高めですが)、物理的に身の回りのものを整えたり手放したりするなど、モノを減らすことも速効性があり有効です。スマホのアプリも同様に。 症状…

レベルが 2 あがった !▼

1000 の けいけんち を てにいれた▼ とりえ の レベル が 2 あがった !▼ またまたうれしいお知らせをいただきました。びっくりした。見てくださる皆様に感謝です、ありがとうございます。 以前の記録です↓ レベルが 1 あがった !▼ - とりえかんざし …

記してから安心なさい

以前やっていた、ノートに毎日書くとあるおまじないを、昨日からまた始めました。あと3ヶ月くらい続けるぞー、おー。。。 一人暮らしが実現したら、好きなものでいっぱいにした作業机をつくるんだ… とか書きながら、スマホを片手に二時間くらい眠っていたよ…

心になにも入らない感覚?

理想が高すぎて満たされないのか もしくは 文字通り底無しで何を入れてもこぼれてしまうのか 患いは両方かもしれません もう眠くはないのに 困った ちょっとしたきっかけで この病はすぐ治りそうな予感はあります 動くしかない 忘れるほどに

とにかくよい習慣をつくることに集中しよう それ以外は無理して頑張らなくてもよし。 食事、睡眠、掃除 ブログはかかない方が、あとでしんどくなるから、かくこと。読まれる文章じゃなくてもいいから、かいておくこと。 ゆっくりでいいからね。

じぶんでつくりだすの

帰ってくるのが遅くなってきて そのまま寝る時間も一緒にずれてきて 起きる時間は一緒だから 寝不足気味になって。 身体第一に 今日は何もせずに寝るけれど 明日は何かしてから寝たいから(しかも早く寝たい) 同じことをしてたら同じになります いつもと違…

ルーズリーフ落書き

学生の頃から、シャーペンはぺんてるのタフシリーズを愛用しています。ごついけど安定感があって好き。尊敬する先生が使っていました。 スマホカメラで撮っただけだから雑! もうちょっと読書してから寝ます。

心のブロック

頭の中で ○○しよう あれしたいな これしたいな 生まれる度に キャンセルして あとであとでねって そうしてるうちに くさっちゃってて しまいには くさったものも捨てられずに 頭の中に溜め込んで 何も生まれない過去の感情に 期待を寄せて いつまで 今のわた…

なにをしてもしなくてもひきずられる 受験生の時のまま何かが止まってる 内も外も重ね着して毛布を纏って体育座りみたいに丸まってイヤホン装着して窓の外は冷たくほのかに明るくなっていてシャーペン転がしながらウンウン唸って甘いものを口にして朝がもっ…

大丈夫。いいペース。

いいタイミングで休日に、追い風。 今日はひたすら読書。 このあいだの本を読んで読んで読みまくる。 わたしの場合はどうだろう。 漫画に当てはめるとこういうことかな。 実際に作曲してみるのが実体験として身体が覚えていいのかも。 そんなことを考えなが…

悪いことはやめること。いいことはやってみること。

またドロドロっとしたことを書きそうになったのを、わわって思って、踏みとどまって、それは書く必要ないことで、その思考は断とう、ということで、その記事は下書きファイルに眠らせてあげて、今、別途でこのブログというか報告を書くに至ります、んー、ギ…

お布団の誘惑に負けまいと

抵抗しながら寝る幸福感 押し入れの高いところに眠っていました、冬用の圧縮袋から、ちょっとずつ神器を取り出しております 洗ったものが乾いたので、今日は毛布みたいな肌触りの布団敷パッドを敷き布団の上にかぶせました、カバーとは違って取り付けも楽ち…

しないことを一生懸命する

易く言うなら思考、行動の断捨離です 他の人はわかりませんが、常に頭の中がごっちゃりしている、しかも頭の容量が極小である、わたしがわたしらしく生きるには、何事も一つに絞ることが最重要、NO!デュアルタスク。そして人のことを気にすること。 あれ…

いつになったらかくんだい

きのう一昨日と、いろいろと吐き出してしまってごめんなさい。おかげさまでだいぶ落ちつきをとり戻しました、一時的だとは思います、ブログで鬱々としたことをかくのはやっぱり気持ち、よくありません、でも今だって、油断するとドロドロした嫌なことかきそ…

歌で少し元気に 夜、更新します

帰りたくない家に帰りたくない

いつか日記を見直したときに、ああこんなこともあったっけあはは、って言ってやって、未来のわたし (注 : 見ないこと推奨。人に見せられるように編集しておりません。刺激的なのでうっすーいオブラートには辛うじて包んだつもりではありますが。) *** …

頭の中書き出して整理する

今はわたし、「出ていけ」って言う敵の味方ですから、「ここにいていいよ」って言う優しい味方だったひとは、もう敵です。 心配される方が悪い、って言っちゃったら、断固として心配されたくないわたしは、心配されないようにがんばらなくちゃいけなくて も…

三つの声がわたしをめぐって争う

心→ギュウウってなってる 頭→なんか描こう 身体→惰眠を求める 優先順位としては上から下、身体は無視して、頭には「あとで時間作ってあげるからまっててね」って約束して、心とまずは向き合う。 整理整頓でもしながら、どうしたのって聞きつづけてみます。 …

漫画描けるひとをひたすら尊敬してます 物語つくるひと 目標をもった人物をつくりだせるひと どんなかたちであれ描ききれる(完走できる)ひと 漫画じゃなくても、 いくつかのイラストで伝えられる人 すごいなあすごいなあっていつも思います

ケチャップのにおいで泣く人なんていない

今日は夕ご飯に、お弁当を買って、帰り道に中古本屋と本屋をはしごして、読みたかったものを三冊ほど求めて、気持ちホクホクして帰りました。 手洗いうがいして、すぐ楽なカッコになって、お腹も減りました、 お弁当のふたを開けると、ケチャップのにおいが…

黒板entertainment

「かく」ということに興味があると、誰かの「かく」行為を見るのも好きになります。 身近だったのは、授業で誰かが黒板にかくことで、クラスメイトが教師に指名され、問題の答えを書きに前へいく。字が素敵な人が指名されますと、わたしの目は答え合わせなん…

寒いの大好き

寒さが安定する前に、セーターを風にさらして、いざ着るときに、くしゃみが出ないように下準備をしています、ほんと、衣替えの時期は、箱ティッシュを小脇に抱えていたいくらいの永遠へっくしゅんですからあはは。今年はそうならないように努めます。 風邪が…

反省。ペンを持つまでが長い

スマホをどこかに隠す ↓ 紙を用意してペンを持つ(すぐに持つ) ↓ ひたすらかく 創作的思考をするときは、「結果」以外のこともすべて紙の上におとす、たとえ使わなくても価値がなくても 最低条件として、 「ペンは手から離さない」 なにがあっても、なくて…

つぎのわたしへ

ひとりごと。 「手前」だけじゃなくって、「奥」も“いつも”ちゃんと表現できたら違うと思う 難しい事じゃないよ髪の毛の奥服の奥人物の奥にあるモチーフ それらといつもの「手前」を連携させて 「奥」は影を濃いめにつけてあげて 平べったいイメージからさよ…

あついつらいときは

精神的につらいのに加えて、この気温。暑さが合わさりダブルパンチ。なにかかきたい焦燥感は生まれど、真っ白なキャンパスノートとにらめっこしたまま時間だけが過ぎていきます。何もかかないで、ペンを持ってるのが好きなんじゃないのって言われてもしょう…

風は洋食屋さんのにおいだった

昨日から気温が上がり、また夏に戻ったみたいで、暑くてぐったりしています、何もしたくない! *** ごはんって、お茶碗によそって食べるでしょう、お箸で。 小さい頃、なにかおめでたいことがあったりすると、連れてってもらっていた小さな洋食屋さんがあ…

雪合戦じゃないのだ【追記】

朝起きると朝であった 今日も寒くてうれしい 定期的ではないけれども、たまにやってくる、母と夕飯を一緒する機会 何も言うことを準備はしませんが、そのときの本音を、オブラートに包まずに、かつ極めて優しく、むこうがキャッチできるように、放ってみます…

これは昨日の分

寒くなってきて、頭が冴えて身体が軽い、季節が追い風になってくれています だからといってブログはだらしないですがあはは、ちょっと、ブログ関連でやろうとしていることがあるので、少しそっちに傾こうとおもいます、これを機に表現の幅を広げられたら 夜…

愛のやり場がない

心のどこかで ずーっとなにかがひっかかっていて 今の生活には その「なにか」がきっと満たされてなくて マズローの欲求五段階説でいうと たぶん 生理的欲求と安全欲求の部分 ここがあやうい 欲求はあっても ルール的に禁止されていて 行き場がないのです た…

悪い子になっていいよ

もうちょっと気を楽にして もう少しはみだしてもいいのかなって 難しいこと考えるのも好きですけど あんまりそればっかしじゃいけないものね しなきゃいけないこととか 怒られないようにって頑張っても 凡人が増えるだけです つらいこともみんなに秘密にして…