とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

「好き」の中心

わたしは何かを好きな人が好きだ。


わたしがその人を好きになると
今度は好きになった自分も好きになる。


何かを好きな誰かを好きな自分が好きなんだ。


誰かが何かを好きで好きで、しょうがない状態のときはわたしもその誰かを好きになるけど


その誰かが他の何かに興味を移したりしたときに、
わたしはおいてけぼりになる。


そーいう好きもいいけど、
それは変わりゆくもの。

「好き」の中心を自分以外におくと、そう遠くないいつか、おいてけぼりになっちゃうんだよ。


ずっと好きでいたいなら
わたしが純粋になにかを好きになればいいだけの話
そーすればそんな自分をわたしはずっと好きでいられるでしょう。


わたしの「好き」を他人まかせにしないでいること。

小さくても、ほんのちょっとでも、自分の「好き」に気づいていくこと。


大事だよなア。