とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

肉団子のお惣菜

年末に近づくにつれ、あわただしくなる。

帰りが遅くなることもしばしば。


う。お腹がへった。
しかし疲れたナ。

こんなときは近くの小さいスーパーに立ち寄るにかぎる。
19時を過ぎると半額になるお弁当があるからだ。


そこでは中華系のお惣菜がメインで売られている。
お弁当のおかずには、そのお惣菜からランダムで2~3種類選ばれる仕組みだ。

中でもこのお店の肉団子は格別においしい。

たまにしか食べないからもあるだろうが、いつも食べると感動する。

それほどまでにウマイ。


あまりにもおいしいのでわたしはこの肉団子のことをこう呼んでいる。



「もはやハンバーグ」と。