とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

バタバタ。

今日はバタバタしてました。
こんな日は本を読んでも内容が頭に入ってこない。残念。

スマホを家に忘れたまま出かける。
ま、いっかーと夜までほったらかしてました。

でれないことで、人さまにご迷惑がかかるような電話などはなかったので、ひと安心。


履歴書のようなものを記入して、その書類を提出してきました。

こういう文章は数年前は苦手で苦手で、書かねばならぬ定型文と本心との間で葛藤している自分がいて、どうしようもなかったのですが。

今回、久々に書いてみて。
まだ気持ちは苦手半分でしたが、なんだかすんなりと書くことができました。完全自己流。かつ、松永流。この作文術の効果は計り知れない。
↓↓↓


あと、字を安定して書けるようになったのはでかい。
↓↓↓



ちょっと自分の見えない部分での成長を感じることができまして、うれしいやら。うれしいやら。

もっとこの成長してるトコを伸ばしたい。不純物を捨て、自己を見つめ、もっとシンプルに突き詰めたい。


去年惨敗してる試験を受けるんですけど、すんごいリラックスしてます。気張ることもなく、不思議なもんで。ニュートラル。
いいのかな、これで。

たぶん勉強とかしないと思います。
自分の考えを問われるような、文章を書くのがただただ楽しみ。
情報の処理がどれだけ向上しているのかを知ることができるのが楽しみ。
落ちるとか受かるとか。そんなところにわたしの心は無い。
いいのかね、これで。

楽しみだア。