読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりえかんざし

日常と、絵と作文の“毎日更新”練習帳。いつもなにかに心を寄せて。恋していたい。

「急ぐ」と「素早く行う」のちがい。

所作・身嗜み

「急ぐ」は、こう言い替えることができる。

何かに「急がされてる」。


それは、自分以外の力ある何かに急かされて、コントロールされていることを意味する。
正確に言えば、急かされている、コントロールされていると、“思い込んでいる”状態。

自分でなくなるのですから、ミスも多くなるでしょうし、気持ち悪くなったり、イライラしやすいのだと思います。
車酔いと同じ。


逆に「素早く行う」は、

自分の意思により、工夫して素早くこなそうとします。

なぜ素早くやるのか、という理由も、自分主体で見つけている状態です。

自分で自分をコントロールしている。自分の加減を踏まえている。どうにかならないかなと、アタマをぐるぐる回転させている。



同じようで、ぜんぜんちがう。

わたしは、こんな感じで、区別をつけています。


急いだりして、イライラを振り撒いている人は醜いものです。
年末は、そうならないための修行にはもってこい。

なりふりかまわず目的のために。
そんな人のせせこましい心を相手に見せてはなりません。
ナリもフリもかまってあげられる、心の余裕を持ちたいものです。


周りがどうであろうとも、
せめてわたしだけでも、おっとりしてようかなと決めております。