とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

負けてなるものか

今変化を前にしている。

変化にはそれなりのエネルギーが必要。

人間というものは、変化を極端に嫌う生き物だから。
不安になって、だるくなって、何かにとりつかれて、前に進めなくなる。そのうち人は、観念して変化を諦める。





けど、やってみよう。思いついたことがあるんです。たとえとりつかれても諦めても、やる。

急がずに、ね。
強く、静かに。


ありもしない不安を紙の上にこぼしたまま、終わる日記ではございません。
きれいにぬぐって、ついでにこぼす前よりきれいにしてから、捨ててさしあげましょう。そのあとはどうなるのか、まったくの未知。
しかし、わかりもしない後のことなど今考えたってしょうがない。
今は、勝ちます。

ご覧あそばせ。



(※大げさに言っているだけです。きっと、大したことではありません。そして間違いなく、黒歴史入り。)