とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

引っ越しの時期は過ぎる、時は満ちる

去年から雨が極端に少ないな、となんとなく思っていましたが、最近(それでもたまに、ですけど)雨が降るのを見るので、たまの雨だとこんなにも新鮮に感じるのだなあと、雨で土埃のような匂いが立つのを感じながら、いいなあと、歩きながらコンクリートの色が変わっていくのを眺めています
もちろん歩くときは半眼で。(まだ修行してます)

***


引っ越しの繁盛期は1月~3月、4月のあたまあたりまで、と言われています
たしかに、ここ最近にわたしの周りでもちらほらと、引っ越しをされた方がいらっしゃいます

なんでこんな話をするのかといいますと、引っ越しを、わたしもしようと考えているからです
5月の末までには、決着をつけようと考えております

家のアルジと話をつけますのと(結果的に、つかなくても構いません)、4月から勤務体系の変更がありましたので、手元に残ります金銀財宝がどのくらい変化するのか、この2点を案じております

荷物の方は、前々から準備は進めておりましたので!、現時点でも、(人に譲る予定の机を除けば)普通車一台で全ての荷物が運べるほどにコンパクトですが、それまでに、自室のモノを再度、見つめ直してみようと思います

みなさま、春、新年度、新生活、今まさに迎えている真っ最中でございましょう、ちょっと出遅れ気味でありますが、わたしも、その若々しく初々しいトコに参加できたら、いいな~と楽しみに思っています

引っ越しましたその先は、○○しよう、といったような予定も計画もなく、全くの未知ですが、自分の勘がそれでいいんだと、訴えかけてくるのです

都合のいい我儘な勘で、助かります