とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

健康診断、あなたの利き目は

最近、健康診断がありました
年に一回、ちょうど、時期ですね

結果から申しますと、いたって健康である、と

ただ、
一つだけショックをうけた項目があります、それは、、、

視力。

なぜだか左目だけ下がっている
両目とも、今はコンタクトで、コンタクトって素晴らしいんです、メガネみたいに視界の端っこがゆがまないし、あったかいものを食べても曇らない
かなり視力は低いほうですが、コンタクト様々です、普段生活しているときでも、ちゃんと全部見える、読めない文字はありませんでした

それでです、

顕微鏡みたいな機械に、ひたいをつけてのぞきこむ、まずは右目から。
くっきり見える、いちばん小さいのもわかるよ、下でしょう、ほらあたった

「次、左目の測定をしますね」

どこからでもかかってきなさい

あれ、、、
なにこれ、


ボヤケテテワカラナイ


目を凝らすと(※測定時、凝らしちゃいけません)、なんとか半分くらいまでわかりましたが、だいぶ低下していることが自分でもわかりました

普段、まったく気にならないのは、右目のおかげであり、利き目ってあるでしょう、いつの間にか、高い比重で、利き目に頼りきりだったのかもしれないということなのでしょう


このまま、左目ばかりが低下していったらどうしましょう

弱点です、もしサムライなら、左目の方に回り込まれたらひとたまりもありません

まあ、そんなことはないでしょうから、心配に及ばず、そこまでひどく低下しているわけでもありません、見えないわけでもないのですから、
とにかくまずは、健康診断を受けに行くだけの元気があり、かつ診断では、健康体であると結果の出ました自分の身体に感謝しておこうと思います


以下余談です

だいぶ前の話ですが、祖母と眼下に行った ときがありまして、
視力をはかるとき、ドーナツ型の黒い輪っかがあるでしょう、それを「うえ」とか、「した」とか、「みぎ」とか言って答えますよね。たまに、右斜め上だったりして、油断できません。
それを、祖母がやっているのを、待合所のイスに座りながら眺めていたのです


「じゃあ、はじめますね、これは、どっちが開いてますかあ」


「うえ」


「うん、見えてますねえ」

「はい、じゃあこれは見えますかあ」


「よこ」