とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

あさかた

朝の日差しは体内の毒素をすっきり消すようで

窓から風を通すと今日が始まる

顔を洗うと元気がでてきて

口をゆすいで染み渡るひと口の水と
なんとなく恒例化した梅干しを半分


今日から始める朝のブログ更新

思いつくまま言葉を放して

順番を入れ替えたりして遊びます