とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

充電期間

わたしの中の土台が、衣食住の土台が、揺らいでおりまして、もうぐらぐらで、油断したら、崩れて落ちるみたいです

わたしはむしろ、そんな土台から、どんな形であれ、早く飛び降りてしまいたいのですが、落とさぬよう、落とすまいと、いろんな方向からおかしな力が加わっていまして、落ちるに落ちれない


特別なことは望みません


もう、ぐらんぐらんで、てっぺんにいる身としては、酔っちゃって、おかしくなりそう


もうしょうがないなあ、と、ぐらんぐらんの状況でさえも、楽しむ他ないのでしょうが、いいでしょう、今日も少しだけ前進したのですから、今日は、合格点あげて、充電、充電しましょう

わたしに「寝る」機能が備わっていて、ほんとうによかったです


願うより、望むより、信じるほうが、いいの



う、いつも以上にへんてこりんな文章で、だらしないです、ご勘弁を!