読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりえかんざし

お休み中です

好きなじぶんの姿をかんがえて

読書をすること
人に会いに行くこと
好きな本と人にふれること

じぶんのなかにどんな言葉や動作が沁みるのか
どんな心の使い方が沁みるのか
どんなじぶんが好きなのか
なにが好きなのか

本を読んで心の平穏を取り戻して、さっきよりも利口になって、ちょっと試してみて、うまくいって、うれしくなって


とある占い師が、「あなた、すごく優しいね、えらいね」とかなんとか、ほめちぎり、
そのあとに、「これから先、いじめられるようなことがあるかもしれない」と予言した

大きなお世話です、と思いながら、
「大丈夫です、わたしこう見えて、そういうのには強いんですよ」って返して、
占い師の微笑みを見ました


その予言が当たっているにしろ、当たっていないにしろ、気にもとめずに、もし、嫌なことがあったとしても、それに動じない、マイペースなじぶんが好きなのでしたら、

気にするじぶんよりも、そっちのじぶんを演じることを、楽しめばいいんです、作っていけばいいんです、好きなじぶんを

じぶんをどうこうするのは、じぶんでできることなのですから、だれかをどうこうするよりも、お手軽です


好きな本一冊、好きな人一人、そこから見えてくる、好きなじぶんをひとつ。

そこからどうするかなんて、今はいいですから、好きであることを喜んで
なんだ、わたしって、って