読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりえかんざし

日常と、絵と作文の“毎日更新”練習帳。いつもなにかに心を寄せて。恋していたい。

簡潔に言えば「標高の高いところで一泊したときの、翌朝一番の外の空気」

絵(イラスト)
学校の行事とかで、標高が高いところで泊まりがけの合宿のようなものに行ったときの

朝の冷たくて
霧のせいか、ちょっと湿度が高い

葉っぱの上には露がついてるような
かたつむりが住みやすそうな環境の

すきっっっっとした目が覚めるような空気を

f:id:torieee:20160716214701j:image
もう一度吸いたい気がする