読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりえかんざし

日常と、絵と作文の“毎日更新”練習帳。いつもなにかに心を寄せて。恋していたい。

『朝食を恋しく思いながら我慢して寝る』作戦

日記 食べるコト

げげ、また睡眠のはなしですか。

 

個人的な経験からの仮定にすぎませんが、寝るときに、お腹が満たされていると、あんまり上手に寝れないんだきっと

 

寝るときは、「お腹すいたなあ」くらいのコンディションで寝るしかないのでは

 

夜ご飯抜くのは嫌だから、もっと早く食べて、もしくは量を調節して、寝るしたくしてる時には、おなか減ってきて、明日の朝ご飯を恋しく思いながら、ぐっと我慢して、水飲んで、寝るのを頑張ろう。

 

お腹の具合とよい睡眠、わたしにとっては、たぶん、かなりの割合を占めているその関係。

直感的に、胃にかかっている「重さ」がそのまま睡眠を邪魔する刺激になっているのだと、予測しています。

 

だから、その重さを軽くしてあげればいいのだ。たぶん。

 

この作戦が、うまくいくかどうか、じぶんを観察しながら、しばらく続けてみます。

忍耐力が、試される…!