とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

謙虚初恋陶酔

子どものころから

金木犀のにおいがすき
f:id:torieee:20160928225230j:image