とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

つぎのわたしへ

ひとりごと。

 

「手前」だけじゃなくって、
「奥」も“いつも”ちゃんと表現できたら
違うと思う

 

難しい事じゃないよ
髪の毛の奥
服の奥
人物の奥にあるモチーフ

 

それらといつもの「手前」を連携させて

「奥」は影を濃いめにつけてあげて

平べったいイメージからさよならしよ

 

思い出して、ためしてみてください

 

 

なんのため

 

そんなものは、ありません