とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

三つの声がわたしをめぐって争う

心→ギュウウってなってる

頭→なんか描こう

身体→惰眠を求める

 

 

優先順位としては上から下、身体は無視して、頭には「あとで時間作ってあげるからまっててね」って約束して、心とまずは向き合う。

 

整理整頓でもしながら、どうしたのって聞きつづけてみます。

 

みっつがわたしの中で喧嘩したり怒り出したりしないように、

ちゃんとわたしが決めてあげないといけない

 

わたしを