読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりえかんざし

日常と、絵と作文の“毎日更新”練習帳。いつもなにかに心を寄せて。恋していたい。

母が似合うものはわたしにも似合う法則

日記 所作・身嗜み

 

母がへんてこりんな格好してたらそれはわたしにとってもへんてこりんになる可能性があるぞ

***

 

(※はじめに、無知をお許しください)

 

最近鏡を見ながら "ごちゃごちゃ感" を感じたのはきっと、「重ね着のし過ぎ」で、基本的にレイヤーはシンプルに二つまでって言いますから、

寒いとコート羽織りますでしょ、中に襟付きのシャツにセーター着たら、シャツ→セーター→コートの三枚重ねになってしまうわけで、一枚オーバー、窮屈な感じしてる。

寒さを凌ぐためにはコートは欲しいですから、必然的にシャツかセーターのどちらかを外す必要があって、一枚減らすことを明日試してみようと思っています(今日は寝る!)。中にヒートテック着込んで、セーターとかニットを一枚で着て、コートを羽織る。それでごちゃごちゃ感がなくなって、すっきり垢抜けたらいいなあ(願望)。

 

母の着せかえ人形だった時代が長すぎて、ファッションのファの字も出せません。挽回するの、大変だけれど、勉強し直します、じゃなくて、そもそもしたことなんてないんだから、勉強し始めます。

色使いとかためになるし、単純に洗練されたものを見るのは癒やしだし惹かれるものがあるし、最近そういうのも楽しくて、見た目大事。