読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりえかんざし

日常と、絵と作文の“毎日更新”練習帳。いつもなにかに心を寄せて。恋していたい。

泣きながらへらへらしていたい

日記 言葉・文

水よとおれ水よとおれ

水とおらねば生きていけない

水とおるなば住めるから

 

水よとおれ水よとおれ

とうに準備はできている

水とおらねばまだここにいなくちゃいけない

出ていけと言われながらいなくちゃいけない

ばかみたいでしょ

 

水とおるなば

水とおるなば

すぐにでも

チェックインは早いですから

どうぞよろしく

傷口が広がる前に

 

全てわたしのせいにできる世界で

転びながら、生きたいよ

 

***

 

f:id:torieee:20161217213817j:image

わたしは天気屋で

元気だったり不元気だったり

ぼーっとしてたりあわただわたわたしてたり

面白くなったりつまらなくなったり

だいたい表情でわかるそうなんですが

その度にご迷惑をおかけしています。

 

もっとノー天気になりたくて。

いつも大人しく静かでご機嫌で、

何か申し上げるときだって、

にこにこしながらゆっくり話したい。

 

人のことを気にせずに

自分がどう思うかを大切にして

泣きたいときには泣いて

怒りたいときには泣いて

ちょっとのことでも驚いてみせて

没頭してたら喜んで 

つまらないことにくすっと笑う

 

振り回されることなく

ひとつひとつを急がずに

ひとつひとつを愛でながら

なにかしていたいのです。

 

天気がころころ変わったとしても

姿勢を崩さずに

いつもちょっと小雨模様くらいの暗さと湿度で

なにがあってもしっとりとして変わらずに

静かにほのかに燃えていたい

 

行き過ぎても行かな過ぎてもいけません

その究極のバランスのど真ん中を触りながら

ろうそくの火はマイナスイオンを放ち、ゆらゆら揺れて

わずかな場所だけを明るくする

 

自分をコントロールするべし

落ち着くまでの数を数えてもいいのです

修行が足りないわたしは、

もっともっと精進します