とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

記録

だんだんと日が長くなる。

朝の五時過ぎ、以前は真っ暗、今は少し明るくなりつつある。朝真っ暗だと、川の向こうの景色がとても綺麗でそれはそれで好し。

気温は昼暖かく夜すごく寒い。暖房器具、ストーブが現在故障中(修理にだしている)のため、服を着込んだり、早めに布団に潜ったりすることによって暖をとる。特に首回りが暖かいと良し。暖か過ぎるのはだめ。暑いくらいなら、適度な寒さのある環境のほうが、頭がすっきりして、何をするにもてきぱきこなせる。

布団は朝起きたときにきれいにしておくこと。夜になって、あとは寝るだけというときに、整っているととても気持ちがいい。一人暮らしは、わたしに終わりわたしで始まる。しっかりと残心をとること。

朝車の窓が凍結したのは28日のみ。水筒にお湯を入れておけば溶かせる、ただ、お湯の量が窓の面積に対して心もとないため、別の容器を用意しておくことが、これからもっと寒くなった場合には必要。

雨に混じり降りますが、まだ雪は積もりません。