とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

現実は刺激が強すぎて

忘れます、見ていた夢も、起きた瞬間、忘れる。