とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

はてな題詠【短歌の目】第十五回1月


f:id:torieee:20170121012242j:image

いつも開催してくださりありがとうございます。毎月の楽しみです。

今月も参加します。よろしくお願い致します。

 

***

 

 

1.編

 

セーターや終ぞセーターなり損ね 背もたれかかる紺の編みかけ

 

 

2.かがみ(鏡、鑑も可)


「「どっちでしょう?!」」鏡写しは双子ちゃん 年明けの席困る親戚

 

 

3.もち


初雪の世界は白い鍋の底 茹でたもちの湯 匂いや甘い

 

 

4.立


雨の日に雫垂らして一休み 静かに眠る傘立ての黒

 

 

5.草


枯れ草を集めて燃やしアルミ箔 仕込んだ芋を待つ子の軍手

 

 

テーマ詠「初」

 

めくるたびあなたの世界好きになる どうかわたしを飽きさせないで

 

 

テーマ詠「初」

 

歩くのも交わす言葉もぎこちない どこに行ったよいつものわたし

 

 

***

 

 

 

 
短歌の目1月のお題です - はてな題詠「短歌の目」

 

 

 

***

 

↓第十四回12月

 
はてな題詠【短歌の目】第十四回12月 - とりえかんざし