読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりえかんざし

お休み中です

うたい恥かけ

 

玄関の外雨の色
袖をまくった制服の
手首にあたる雨粒は
遠くの空から鑑みて
とても運のいいことで

灰の空とぬるい風
跳ねて通う一本道の
先でゆったり歩く傘
気にせず踏んだ水たまり
「君の背中に虹が出てた」

 

***

 

「文字を書く」「絵を描く」「恥を掻く」。「かく」にもいろいろありますが、それでは「恥を掻く」の“かく”っていうのはなんなのでしょう。何を掻いているのだ。頭でしょうか。

 

***

 

毎日少しずつ。

少し寝て、少し食べて、少し掃除して、少し書いて、少し描いて、少し恥を掻いて、少し貯金して、少し本を読んで、少し泣いて、少し笑って、少し人と会って、少しブログを更新。

少しずつ進める練習。多くしない練習を。