とりえかんざし

いつもなにかにこころをよせて、恋していたい

喜ぶ顔を思い浮かべてカボチャを煮るの

いつも“お節介”になってしまう

いつも“余計なこと”になっちゃうんだよね

 

***

 

なにかするときの気持ちはわくわく、どきどき、むずむず

喜んでくれるかなア?

思うだけで楽しくなって

無償の愛とか言ったら堅苦しくてやんなっちゃうけど

そのときのわたしは

なんでもできちゃうよ

 

きっとすごくいきいきしてる

 

***

 

なにかしたあとの感想は

「いまいち」

 

じゃあ

 

「やらなければよかった」

 

やらないほうがその人はしあわせだったじゃん!

いつもそうやって

わたしはわたしのしたことを責めたね

 

わたしはなにもしないほうがよかった?

 

今後一切関わらぬことで、なにもしないことで、この罪は償えるのでしょうか

 

***

 

なにもしない方が正しかったかどうか、やってみなくちゃわかんない

 

それをたよりになにもしないようにして

お節介、余計なことを恐れて生きてきた半年間はどうだったかというと

 

これもまたいまいち

 

人のことはどうかわからないよ

ただじぶんのことはわかるよ

とっても楽しくないんだね

 

なにもしないでいたら

楽しくない喜ぶこともなし

わくわく、どきどき、むずむずの芽を片っ端から摘んで

なにもしないつもりだったのに

いつのまにか

なにもできなくなっちゃった

 

この病のひとつはきっと

「わたしにはあなたを幸せにする自信がない」

っていう弱気のまじめさん

 

弱気な心と対峙するのを避けて

なにも考えないことたくさんしてきたね

なにも考えないことをしてるとそれはそれで悪くはないけど善くもない

明日もなければ昨日もなくて今日すらないの

 

毎日の点と点は、決して交わることなく

一瞬光って永遠と消える

その光を楽しみにして生きていたら

いつか万歩計のぜろを見てがっくしをくらいます

 

***

 

自信なんていらないよ

うそです

自信は必要だよ

 

自信は、自分で信じること

どこかでもらってくるものじゃないでしょ

まずは自分から。

自信なさそうにしている人が喜ばそうとしてたら気を使う

自分の楽しさとか喜びが一杯になって溢れてきたものを人に浴びせるイメージで

結果、惨敗しようが結果にこだわっちゃいけないよ

 

はじめっからうまくいきっこない

うまくいかなくたって

ときどきでいいの

人が喜ぶのを楽しみに生きて

なにがわるい

 

その心がけを

少なくともわたしとあなたは

「いいですね!」

って本当に本当に思っているよ

 

わたしはあなたは

あなたやわたしの

喜ぶ顔を思い浮かべる想像力があります

 

そのためになんでもできちゃうのが

あなたとわたしで

 

「どうしてこんなことが言えるの?」

 

って、そんなこと聞く必要なんてないでしょう。

あなたは特別な子です。

なのにその力を使わないなんて最低でしょう?

 

 

喜ぶ顔を思い浮かべておはぎをこしらえる勇気を

もう一度奮い立たせるのだ